javascriptを挿入するだけで簡単に導入できる

サイトを丸ごと翻訳することができる

通常のwebサイト翻訳は、翻訳サイトを使って翻訳したい文章を手で入力して、言語を指定することで翻訳されます。無料であるものが多いことが特徴です。しかし、webサイトを翻訳する場合、入力することに手間がかかりますよね。これを解決することができる方法はjavascriptを1行挿入するだけで簡単に行えるwebサイト翻訳の専用サービスがあるのです。左右に自動的に区切られて指定言語で翻訳することができますよ。サイトのレイアウトをほとんど崩すことがないので見やすいことも特徴です。万が一、翻訳結果に納得がいかなかったり意味が不明な場合は自分で手入力することで再翻訳することも可能なのです。webサイト翻訳によって機能が異なるので比較検討やjavascriptの対応可否を確認することが重要ですよ。

webサイト翻訳における有料の機能の紹介

自分で満足のいく翻訳を何度も繰り返すのは手間ですし、意味が通じるか不安になりますよね。それを解消してくれる方法は、リクエスト翻訳です。プロの翻訳者が代わりに指定したところを代行してくれるのです。英語だけでなくフランス語やドイツ語といった複数の言語に対しても翻訳してくれることも可能です。さらに、無料サービスにない言語にも対応するサービスもありますよ。いろいろな言語のサイトを準備しておくことで多くの外国の人たちにアピールすることができますよ。意味が通じるか通じないかはサイトの効果に大きく影響するのです。翻訳だけでなく段落を整えてくれたり、文章そのものを構成してくれるサービスもあるのです。プロに委託するメリットは効果が大きいです。